なるほど部

雑学・うんちく・小ネタ・豆知識・裏技・・・目指せ!無駄な知識王!




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

台風に女性名をつけていた時代があった?

ジェーン、ナンシー、カトリーヌ・・・・米国が発表する台風は日本と違い女性名がついている。日本は数字で表すのが一般的だが、昔は女性名を使っていたことがあるという。





第2次世界大戦中、米軍の気象担当者が台風に自分の恋人や奥さんの名前をつけていた。
最初はジョークだったようだが、その方が分かりやすかったのか米軍では定着したそうだ。

日本では戦前から名前ではなく番号をつけていたのだが、終戦後、昭和22年に在日占領米軍の気象隊の指示で、台風に関する情報は米軍気象隊の発表するものと全て一致させるため、台風の名前(女性名)は、日本でもそのまま採用することになったという。

その後、日本の気象庁(当時は中央気象台)は台風の予報業務を自主的に行なうことができるようになり、昭和28年からは台風は従来どおり番号での呼び方になった。

ちなみに、米国もその後、女性名だけでは男女同権に反するということで、1979年以降は男性と女性の名前が交互に用いられ、AlexのA、BonnieのB、CharleyのCというように、アルファベット順に、人種の多い米国らしく、ヒスパニックの名前をいれたり、黒人独特の名前を入れたりと、差別のないように工夫されているそうだ。

元の数字に戻って本当に良かったですね。テレビのキャスターが「今日夜半にアルベルトが上陸します」とか言ったら「はぁ???」ですもんね。キャスターは悪くないのは分かっていますが、何となくムカついてしまったでしょう。日本は事務的な名前があっているように思います。(部長)
地理・歴史記事全文TB:0CM:0



コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zatugakuntiku.blog114.fc2.com/tb.php/6-b2a53673

スポンサード リンク

なるほど部とは

なるほど部は、色々な雑学について学ぶ部活です。

あくまでも部活です。ですので、人生にはあまり役に立ちません。

その点はご了承ください。(部長)

雑学検索

カテゴリ

お勧めサイト

お問い合わせ

相互リンクしていただけるサイトさんを募集してます!

詳しくはこちら

他にも応援・質問・罵詈雑言など何かありましたらメールフォームよりお願いします。

【メールフォーム】

スポンサード リンク

RSS

Copyright(C) 2006 なるほど部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。