なるほど部

雑学・うんちく・小ネタ・豆知識・裏技・・・目指せ!無駄な知識王!




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

なぜ門松の竹は斜めに切ってある?

日本のお正月に欠かせない門松。古い家なら必ずといっていいほど置かれている門松だが、なぜか竹が斜めに切られている。なぜ門松の竹は斜めに切っているのだろうか?





門松に竹を組み合わせたのは、徳川家康だったという説がある。家康は、浜松城で正月を迎えたとき、弾丸よけの竹を使って門松にして飾ったという。この竹を斜めに切るようになったのは、江戸の町の医者。医者だけに「藪ではない」という証拠にそうしたといわれている。

また、別の説では、門松と竹の組み合わせについて、武田家との関連をいうものもある。
あるとき、家康に、強敵武田氏から「松枯れて、竹たくひなくあしたかな」という句が送られてきた。その句を見て、家康は、松は松平(のちの徳川氏)、竹は武田氏をさすと気を悪くした。そこで、「松枯れで、竹だくびなく(武田首なく)あしたかな」という句を送り返したという。このエピソードを背景に、松飾りには、竹を斜めに切って添えるようになったとも言われている。

まぁ、斜めに切るってことよ。理由なんていいじゃん。(少し疲れている部長)
素朴な疑問記事全文TB:0CM:0



コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zatugakuntiku.blog114.fc2.com/tb.php/193-8a4ccfc8

スポンサード リンク

なるほど部とは

なるほど部は、色々な雑学について学ぶ部活です。

あくまでも部活です。ですので、人生にはあまり役に立ちません。

その点はご了承ください。(部長)

雑学検索

カテゴリ

お勧めサイト

お問い合わせ

相互リンクしていただけるサイトさんを募集してます!

詳しくはこちら

他にも応援・質問・罵詈雑言など何かありましたらメールフォームよりお願いします。

【メールフォーム】

スポンサード リンク

RSS

Copyright(C) 2006 なるほど部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。